人材派遣

人材派遣は、大きく分けて2種類あります。

ひとつは「一般派遣」、もうひとつは「紹介予定派遣」です。目的によって使い分けることで、時間及びコストを有効に活用することが可能になります。

【一般派遣】

一般派遣とは、一般的に「派遣」と呼ばれているもので、派遣元(BOOKKEEPER)に登録したスタッフが、定められた契約期間の間、派遣元と派遣契約を締結した派遣先企業にて業務に従事するシステムです。この時、派遣先とスタッフの間には雇用関係は発生せず、指示命令を行うのみです。(雇用関係は、派遣元とスタッフの間で結ばれます)

費用は、契約に定められた金額を、スタッフにではなく派遣元にお支払いただきます。なお、期間が終了した場合、更新することも可能です。

期間を設定して労働力の提供を受けられますので、一時的業務や正社員雇用が難しい場合などにご活用いただけます。

一般派遣の仕組み

【紹介予定派遣】

紹介予定派遣とは、一定の期間の後、直接雇用することを前提に派遣期間を設けて派遣契約を締結するシステムです。

この場合の直接雇用とは、正社員のほか契約社員なども含まれます。派遣期間は最長6ヶ月までと定められており、その期間は「人材派遣」の形でスタッフが派遣先企業内で働きます。派遣契約が終了する前に、企業様と派遣スタッフに対して、直接雇用に関する意思確認をいたします。合意すれば、直接雇用が成立します。

メリットとしては、最初からの直接雇用における試用期間よりは、会社側・人材側も客観的に全体を見極めることができ、また企業側としても、当初は入社の手続きが不要であることです。

紹介予定派遣の仕組み

お申し込みはこちら